最長21時までお預かり 市進の体験型学童施設

本八幡

学童保育 リトルクラブ 

電話:047-321-3651
最寄り駅:京成本線京成八幡 徒歩1分、都営新宿線本八幡 徒歩2分、総武本線本八幡 徒歩4分
住所:〒272-0021 千葉県市川市八幡3丁目27-3市進ビル1F
*月極め駐輪スペース(登録制/月1000円1家族1台)
開所:2017年4月
1日のお預かり定員:40名
対象校:公立小学校・私立小学校(日出学園小学校 昭和学院小学校 国府台女子学院 小学部 千葉日本大学第一小学校など)

福井義和 (ふくいよしかず)

市進に入社して30数年、ほとんど現場で生徒と向き合ってきた。 中学難関校受験の最上位クラスを担当し、難関中学校(開成中学、桜蔭中学など)合格者を多数輩出した実績があり、教室長・千葉地区統括者・茨城地区統括者・東京地区統括者を経験。 柏市の「きぼうの園」で不登校児の指導もおこなってきた。 プロの力でナナカラ・クロスのお子様をしっかりサポートする。

【主な取得資格】 防火管理者 救急救命講習受講済

営業時間:平日13時~19時
最長7時半~21時までご利用可能です
コースによりご利用時間は異なります
休業日:土日祝日、サマーキャンプ実施日、年末年始(12/30〜1/3)

2019年度キッズサポート

お迎え対象小学校のレギュラー会員のみご利用いただけます。

<車>
全学年対象 定時・通常授業時運行 燃料費負担100円(税抜)/回
■冨貴島小学校
■大和田小学校

<徒歩>
登室練習(学校~ナナカラ間)
新1年生対象 4〜5月
■八幡小学校 500円(税抜)/月

<公共交通機関を利用>
登室練習(学校~ナナカラ間)
新1年生対象 4〜5月
■日出学園小、国府台女子学院小など 1,000円(税抜)/月

*その他の小学校については、個別に登室をお願いします
*お迎え対象校の下校時間・道路事情などを踏まえて、サポート計画を立てます
ご希望に添えない場合もありますので、ご了承ください
*各スクールの状況、年度ごとに変更があります

 

ナナカラクロス2019年度

2019年度の取り組み

ナナカラクロス本八幡は趣旨を堅持しつつ、「自分で考え判断する能力を育てる」ための新たな取り組みをおこないます。

1、勉強にも力を入れます

①遊びと勉強する空間を分け、勉強に最適な環境を提供します

【学校の宿題を徹底的にサポート】
ナナカラ・クロスは「宿題もみる学童」。学校の宿題を終わらせるだけではなく、宿題先生がお子様を理解までサポートして、ご家庭に引き継ぎます。

【宿題サポートの3つのステップ】
 弱点 → 補強 → 理解
学校の宿題は基礎レベル。できない分野を認識することは学習上達の最短コースです。宿題先生はお子様の弱点を把握し、その日のうちにきちんと補強。次回の登室で定着を確認します。3つのステップをたどることで、わからない部分を残さずに自信をつけていきます。

【宿題先生】
ナナカラ・クロスでは、市進学院で中学受験の最難関クラスを担当し、最難関中学校(開成中学、桜蔭中学など)合格者を多数輩出した実績と経験をもつ講師を配属。プロの力でお子様をしっかりサポートします。

②『1対2の個別指導(有料)』を始めます

【個別指導は「基礎対策」と「受験対策」の2タイプ】
学童内で受講できる個別指導は、ナナカラ・クロスだけ。学ぶ楽しさ、褒めてやる気を引き出します。保護者の方と面談をし、お子さまの目標に合わせた学習方法などについてサポートします。「受験対策」では、市進学院をはじめとした進学塾との併用学習が可能です。
 講師:市進学院講師
 週1回コース(90分)6,000円/月
 週2回コース(90分×2回)12,000円/月
 塾の勉強(宿題を含む)、税抜

2、日本語の力をつけます

①正しい『日本語に触れる』機会をつくります
②ナナカラで準備した教材を使い『音読』を実施します
③『読書環境』を整備します
④『言葉で伝える』機会をつくります

【音読は国語の基盤】
文部科学省の指導要領改定案では、小学校で初の英語教科化、国語読解力の強化がうたわれています。2020年度より実施される大学入学共通テストには、英語4技能評価が導入されます。 国語の4技能(聞く、話す、読む、書く)ができなければ、英語の4技能も身につきません。国語はすべての教科の基礎であり、音読は国語の基盤です。

3、自己コントロール力をつけます

市進アスリートが実施する『マインドフルネス』で、こころのエクササイズをおこないます。

4、レギュラー会員対象に自動車送迎を始めます

冨貴島小学校、大和田小学校

5、ナナカラでの勉強に取り組む姿勢などについてご家庭との連絡を大切にします

今までのナナカラクロスでの実践と2019年度の新たな取り組みを融合させ、お子様の自立に向けてスタッフ一同、力を尽くしてまいります。

BLOG クロス本八幡

 

地図